撮影した写真データをいつまでも残すコツは?

デジカメやスマホなどで、気軽にたくさんの写真を撮れる今日このごろ。撮りっぱなしにしてそのままスマホ端末やSDカードの中に保存したまま・・・1年くらい経つと、いつの写真がどこに保存していたか忘れてしまう人も多いと思います。頑張って写真が見つかればいいのですが、データがいつの間にか消えてしまい、せっかくの思い出写真が何も残っていない!なんてことがないよう、データ保存に関する知識と保存のコツをご紹介します。

まずは、フォトブックを知ったきっかけを教えてください!

「CD-Rなどでデータにしておけば、写真はいつまでも残る」という考えを持っている人がいると、アルバム座談会等を通した調査で分かりました。

データを保存する機器は、環境や経年によって状態が変化するものであり、当然、劣化や故障の可能性があります。

「パソコンが壊れた」「スマホを水没させてしまった」「静電気で火花が飛んで、SDカードが使えなくなった」などのトラブルで思い出写真が消えてしまう場合もあるということを、先ずは頭の中にインプットしておいてください。

機器・メディア別の保存内容と注意点

パソコン・スマホ

データ容量が大きく、最も多くの人が保存場所に利用している機器です。主にHDD(ハードディスクドライブ)を使ってデータを保存しています。HDDは物理的な干渉により故障する可能性があります。

パソコン・スマホ

データ保存時の注意点

  • HDDが故障しないよう、落下や衝撃を与えない。
  • OSが故障すると機器が起動しなくなるため、定期的にメンテナンスサポートを購入店・メーカーで受ける。
  • 機器を変更する時のデータ移行方法を確認しておく。

SDカード・USBメディア

最近は安価で購入できるため、デジカメ撮影データの保存用に複数枚持っている人も多いメディアです。一般的にフラッシュメモリーと言われ、静電気の特性を利用してデータを保存しています。(SSDを採用しているパソコンもこの種類に入ります)

SDカード・USBメディア

データ保存時の注意点

  • 定期的に通電処理をしないと静電気の力が失われ、データが消えてしまうため、1~2年に1回 は通電処理を行う。

CD-R・DVD-Rメディア

安価で購入できる保存メディアとして広く利用されています。一般的に光ディスクと言われ、レーザーによる焼き込みを行うことでデータが書き込まれます。

CD-R・DVD-Rメディア

データ保存時の注意点

  • 盤面に傷がつかないようにする。
  • 温度、湿度、紫外線の影響により盤面や色素(緑や青色の盤面部分)が徐々に劣化していく為、 3~5年に1回はデータの複製を行う。

クラウドサービス

大手企業の参入もあり、普及してきた保存方法です。 一度保存すれば、さまざまな機器でデータの読込が可能です。無料/有料サービス、保存容量など、サービス提供会社ごとに契約内容が異なります。

クラウドサービス

データ保存時の注意点

  • データを預けている会社がサービスを停止すると、保存しているデータの閲覧やダウンロード ができなくなる。
  • 会社によってはデータをリサイズ(画素数を小さくする処理)して保存することもあるので、 データ保管の仕様を事前に確認しておく。

データを長く残すコツは「二重バックアップ」

「絶対に大丈夫」という保存機器・メディアはないので、データの二重バックアップをおすすめします。

二つの場所に同じデータを保存していれば、どちらか一方がトラブルに遭った場合でもデータが残っているので複製が可能です。

手軽で確実な保存手段としての「イヤーアルバム」

デジタルデータの保存についてご紹介しましたが、やはり思い出の写真を確実に残したいなら、アルバムにすることをおすすめします。

「イヤーアルバム」で思い出を残せば、“モノ”としてのアルバムを手元に保管できる上、さらに編集データもそのままサーバー上に保存され、何年後でもデータの閲覧や再注文ができます。

かんたんに、“モノ”とデジタルの二重バックアップができる「イヤーアルバム」をぜひお試しください。

「イヤーアルバム」ならこんな使い方も♪

お子さまが成長し、ひとり立ちの時、今までの思い出がつまったアルバムをプレゼント。
手元に家族のアルバムがなくなっても、サーバーにデータが保存されているので、同じアルバムをまた注文することができます。

「イヤーアルバムサービス」について詳しく見る

他のフォトブックサービスを見たい方はこちら ≫

  • 保存機器・メディアに関する内容は一例です。商品や提供サービスによって仕様が異なるため、上記内容が当てはまらない場合もあります。
  • 「イヤーアルバム」における注文データのサーバー保管サービスは、富士フイルムの写真提供サービス「Fotonoma」会員(無料)を退会された時点で停止(削除)されます。また、サーバーで保管しているデータが障害やサービス提供終了等の理由で消失した場合でも、補償は行いませんのであらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る