GWのおでかけ攻略術 新緑が目にまぶしい季節がやってきました。絶好の行楽シーズン到来です。こどもの日の楽しみ方や潮干狩りやイチゴ狩りなど、ゴールデンウィーク前後に楽しみたい旬のレジャーをまとめました。
  • 子連れのおでかけ移動テク
  • GW時期のおすすめレジャー
  • こどもの日をお祝いしよう

ゴールデンウィークは少し遠出をしてみませんか?
子連れだと移動にまつわる心配や不安はつきませんが、事前の準備をしっかりしておけば移動もぐっと快適になります。


子連れのおでかけ移動テク

快適な子連れ移動のコツ

<車>

車での移動は時間に縛られず、子どものペースで動けるのでファミリー向き。
直接目的地に向かえるし、荷物が多く積めるなどのメリットもあります。

ただ、狭い車内は子どもが退屈しやすく、連休中は渋滞にはまる可能性も。事前に渋滞予測などをチェックし、余裕のあるスケジュールをたてましょう。

休憩はこまめにとりつつ、念のため簡易トイレ(オムツでも代用可)も用意しておくと安心です。高速道路のサービスエリアやパーキングエリアには子ども用のプレイスペースを備えているところもあるので、ロングドライブなら気分転換に立ち寄ってみるのもおすすめ。赤ちゃんは暑がりなので車内の気温調節にも気を配ってあげてください。

<電車>

公共交通機関移動の場合はぐずり対策のおもちゃは必携。ただし、周囲の迷惑になるので、音が出ないものにします。子どもが泣きだしたときは特急や新幹線ならデッキに出てあやすなど周囲の人への気配りが大切。

ベビーカーを利用する場合は、乗換駅にエレベーターがあるかチェックしておくと安心です。また、帰省のようにある程度スケジュールに融通がきく場合は、なるべく空いている時間に移動するのがベター。

泊まりの場合は、荷物はあらかじめ実家やホテルなどに宅配便で送っておき、身軽に移動するのが楽です。

<飛行機>

飛行機の場合は、乗り逃さないよう特に時間に余裕をもって出かけ、搭乗前にトイレやオムツ替え、授乳などは済ませておくようにします。

機内では離着陸時などシートベルト着用サイン点灯時は離席できず、トイレにも行けません。機内で授乳をする場合は、授乳ケープなどを忘れずに。その場合、トイレ近くは人通りが多く落ち着かないかもしれません。

また、航空会社によっては赤ちゃん連れの優先席を用意していたり、バシネット(ベビーベッド)が使えます。必要であれば予約時にリクエストしておきましょう。

移動時にあると便利な持ち物リスト

●飲み物、食べ物

お菓子などはぐずり対策にも

●バスタオル

寝てしまったときは毛布代わりに

●おもちゃ

車移動ならCDやDVDなど音が出る
ものもOK

●ウェットティッシュ

おやつなどを食べたあとに

●ビニール袋

ゴミを入れたり、エチケット袋がわりにも

<移動時の撮影シーン>

空港や駅での写真は旅情が出ておすすめ。電車や飛行機内では周りの人の迷惑にならないように撮影は控えめに。

自家用車の中は絵にはなりにくいですが、写真を撮ることで子どもの気が紛れることもあるので、遊び感覚で撮ってみるのもありですよ。

チャイルドシートに座っている写真というのも、なかなか貴重。大きくなったら使えなくなるものなので、この機会に撮っておきましょう。

次へ
  • 子連れのおでかけ移動テク
  • GW時期のおすすめレジャー
  • こどもの日をお祝いしよう
家族の思い出いっぱい残そう

Year Album向上委員会

  • 家族の思い出を撮ろう
  • 卒園・卒業式/入園・入学式/進級ガイド
  • 春のアウトドアレジャー
  • GWのおでかけ攻略術
  • 夏の思い出を作ろう
  • 親子で楽しむ運動会
  • 秋のお出かけ満喫術
  • 冬のあそびかた
  • こどもの成長を撮ろう
  • 必撮こども写真~成長編~
  • 必撮こども写真~イベント編~

ページトップへ戻る