スマホ写真のプリント方法

投稿日:2015/04/27

スマホ写真のプリント方法

スマホで撮影した写真をプリントしたいときにはどうすればいいのでしょう?最近は簡単にプリントできるサービスがあり、さらには写真サイズだけではなくフォトブックを作成する方法も用意されています。

アプリをインストールして店頭の受付機で注文

スマホで撮影した写真をプリントする方法は、最近選択肢が増えてきています。ここでは富士フイルムが提供する無料アプリ「おみせプリント(わいぷり)」を例にして、お店でプリントができるやり方を説明します。

まず、専用アプリをAndroid端末、またはiPhoneでダウンロードして、インストールします。会員登録などは必要ありません。アプリを起動し、ギャラリーやカメラロールなどスマホ内の写真の中からプリントしたい写真を選択します。

注文は、店頭プリント受付機を使用します。受付機のモニターに表示されているメニューから、AndroidかiPhoneかを選択し、今度はスマホのアプリ上に表示されているボタンをタップするなどの操作をして、Wi-Fiで写真データを送ります。Wi-Fiが使えない場合には、AndroidはSDカードで、iPhoneはケーブル接続が準備されていますので、そちらを接続して写真を送ってください。

送信が完了したら店頭プリント受付機に画像が表示されるので、ここでプリント注文を行えばOKです。
プリント代金はお店によって異なりますが、Lサイズ1枚30円前後です。仕上がり時間もお店で違いますが、早ければ1時間前後で受け取ることができるでしょう。

ネット経由で注文する方法もあり

ネットで注文するには、スマホのアプリを使うか、スマホ内の写真をパソコンに移して次に、専用ソフト上か、あるいはブラウザ上でプリントしたい写真を選択して送る方法があります。ここでは、富士フイルムが提供しているネット注文用写真プリントアプリ「FUJIFILMネットプリントサービス」を例にして、注文の手順を説明します。この場合は、アプリでプリントサイズと枚数を指定、料金や受取方法を確認して、OKなら注文を確定します。写真データは、インターネットで送られます。

受取方法はメール便などで自宅へ届けてもらうか、コンビニで受け取り、写真店で受け取りのいずれかが選べるのが一般的です。プリント料金はLサイズで31円、日数は3日ほどで受け取れます。

「FUJIFILMネットプリントサービス」は、ネット経由で写真プリントの注文ができるだけではなく、画像保存サービスとしても利用ができますので、スマートフォンからアップロードや閲覧などにもお使いいただけます。

フォトブックにすればもっと面白い

単に写真としてプリントするだけなく、最近は手軽に写真をフォトブックとして作成できるサービスもあります。撮りためた写真を、まるで本や写真集のように製本して仕上げることができるので、ただ写真を貼り付けて並べただけのアルバムよりも本格的な雰囲気になります。

特にフォトブックサービスの中でもクオリティーが高いのが、イヤーアルバム。子どもの成長記録や家族写真を1年ごとにまとめて自動で編集・レイアウトし、1冊にまとめる……というコンセプトのもと作られたサービスなので、簡単にフォトブックが作れます。

イヤーアルバムを作るには、パソコンに作成ソフトをインストールするか、iPhoneかiPadなら専用アプリを利用します。アルバムにしたい写真が入ったフォルダを指定すると、ソフトが5分ほどで写真の日時や被写体、構図などを分析して自動的に写真を選び、レイアウトしてくれます。ユニークなのは顔認識システムによって「主人公」を決めてくれることです。主人公を誰にするかはユーザーがあとから変更することもでき、実際にソフト上で変えると写真の選びとレイアウトが変わります。

ソフトやアプリを使うのが面倒なら、写真データを入れたUSBメモリーやSDカード、あるいはスマホそのものをお店に持って行って作ることも可能です。

受け取りまでにかかる日数は10日ほど。値段は16ページA5サイズで3,065円からで、宅配便で、自宅に届けられます。仕上がりはハードカバー仕様で高級感があり、表紙の色やデザインも用意されたものの中から選ぶこともできますので自分だけのスマホ写真アルバムを作ってみてはどうでしょうか?

ページトップへ戻る