ラーメン通の記録写真をアルバムに

投稿日:2015/04/27

ラーメン通の記録写真をアルバムに

ラーメン好きの人ならば、ネットで口コミを見たりラーメンブロガーの記事を読んだりして、事前に情報をチェックしている人もいるのでは?そこに掲載されていたラーメンの写真を見るだけで、もうお腹が空いてきた……という経験をした人もいるでしょう。今回はラーメンが好きでたまらないそんなあなたのための、正しいラーメンと写真の楽しみ方です。

ラーメンを撮るということ

ラーメンを食べる前に、最近はまずスマホでラーメンを写真に撮るという人が少なくありません。
美味しいラーメンがあると聞けば店名と場所を調べ上げ、時間を作っては食べに行くという人ならば、食べたラーメンの写真を貴重な記録として残す人も多いでしょう。写真の持つ情報量は膨大なので、それを見ればそれがどんなラーメンだったかを容易に思い出すことができます。写真コレクションが増えていけばいくほど、貴重な資料となるでしょう。
ただし、マナーとして、写真を撮る前はお店の人に一言声をかけることを忘れないようにしましょう。

ラーメンを撮り溜めるということ

撮ったラーメンの写真をSNSにアップするラーメン好きもいれば、撮った写真を自らのコレクションに淡々と加えていくラーメン通もいるでしょう。しかし重要なのは写真をコレクションすること。なぜかと言えば、数が増えれば全体像が見えてくるからです。ある程度の写真が撮り溜まると、食べたラーメンの分類が可能になります。そして、コレクションした写真を眺めながら、どんなラーメンが多い、あるいは少ない傾向にあるかを分析することができるのです。

1年間、ラーメンを食べて写真を撮り続ければ、その年のラーメンの傾向が分かるでしょう。トレンドが見え、次にどんなラーメンが台頭してくるかも読めてきます。ラーメンを記録する意味は、ここにあります。総体としてのラーメンは常に変化を続ける食べ物であり、その流れを把握できるのがラーメン写真の面白さです。

1年間のラーメン記録写真をフォトブックに

1年間、撮りためたラーメン写真はフォトブックとしてプリントしてみましょう。パラパラとページをめくりながら1年分の数々のラーメンを眺めて、個人的に今年はこのラーメンがすごかったという年間ベスト10を選ぶのも楽しいでしょう。

イヤーアルバムなら、丈夫で高級感のある自分だけのラーメン本に仕上がります。撮った写真を用意するだけで、専用ソフトが時系列順に写真をセレクトし、レイアウトしてくれます。もちろん、自分で配置や写真のセレクトをアレンジしたり、食べた感想を文字として入れることもできます。

ラーメン以外の食べ物でも写真を撮りため、イヤーアルバムを作る手法は使えます。例えばカレー、蕎麦、焼き鳥、パンケーキ、フレンチトースト、愛妻弁当など。最近では、お母さんが子ども作り続けたお弁当の記録を本なども話題になることも。食べた物の記録から、その瞬間の記憶を。フォトブックにして記録と記憶を残してみませんか。

ページトップへ戻る